クレジットカードの加盟店契約

 

小売店が、自分の店にクレジットカード決済の仕組みを導入するには、いずれかのクレジットカード会社と加盟店契約を結ぶ必要があります。契約にあたっては審査があり、店側はクレジットカード会社に加盟店になるための申請を行い、審査で問題がなければ契約を取り交わすということになります。

 

複数のカード会社と同時に加盟店契約を締結することもできます。その場合、最終仕向け先という加盟店契約をしたカード会社以外が発行する同ブランドのカードを引き受ける会社を決めることになります。マスターカードやVISAは、ブランドを統括する会社と契約することによって、顧客が使うカードの発行会社とは関係なく、クレジットカード決済をすることができます。

 

小売店側にとってクレジットカードは、コストが比較的かからず、売上げアップを期待できる方法として望ましい決済方法です。多くの小売店は、販売促進機能などを期待してカード会社と加盟店契約を結び、クレジットカードを受入れています。利用者からのカード決済をしたいという要求をうけて、加盟店契約に踏み切るような場合もあるでしょう。利用者にとってクレジットカードは、一括払いであれば手数料が不要で、その場で簡単に決済ができ、しかもカードのポイントを貯めることができるというような利点があります。つまりクレジットカードは、利用者にも小売店側にもメリットがあるバランスのよい決済方法であるということができるのです。

 

では、加盟店でクレジットカードを利用した場合のカード決済の仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

 

まず利用者がクレジットカードでショッピングの支払いをする場合には、提示したクレジットカードを照会するためのネットワークシステムを通って、小売店のレジで入力されたカード情報がカード発行会社のシステムに伝送されることになります。ここでは、利用者が提示したクレジットカードが有効であるかどうかを確認したり、また利用者のカード与信残高との照合作業などが行われたりします。

 

照会の結果、特に問題になることがなければ、クレジットカードによる決済が行なわれます。一般の小売店においては、クレジットカード決済が行われた際に作成される売り上げ票を送付することにより、あるいは売り上げ票に準ずるデータをクレジットカード端末から入力して伝送することによって、クレジットカードによる支払い情報をカード会社に送ることになります。

 

 

 

 

 

クレジットカードのチャージバックとは

 

 

クレジットカード業界でよく使われる用語の一つに、「チャージバック」というものがあります。チャージバックとは、直訳すれば「とられてしまった代金を取り返す」とか、「請求を差し戻す」というような意味の言葉で、近頃では一般の人にも知られるようになっています。

 

多くのカード会員を抱えるクレジットカード会社では、カード利用にまつわるトラブル処理も大きな業務の一つと言えます。大手のクレジットカード会社にはそれぞれ、トラブル処理を円滑に行なうための一定のルールが定められており、これをチャージバックルールと呼んでいます。
マスターカードやVISAにおいてはチャージバックは、クレジットカードの取引データをアクワイアラー(クレジットカード加盟店からの売り上げ伝票を受入れて、会員に代わり利用代金を支払うカード会社のこと)よりイシュアー(会員に対してくれジッドカードの発行を行なうカード会社のこと)に提供されたのち、異議を申し立てる資金移動を伴った行為のことを言うとされています。これによってイシュアーは、既にアクワイアラーにより徴収済みのカード取引代金を取り返すことが可能となります。つまり、クレジットカードの利用明細書をみたカード会員からクレームの申し立てがあった場合、イシュアーがクレームの内容を認めたケースについては、アクワイアラーに対しその請求を不当なものとして先に徴収された代金を一定のルールに基づき取り返すことができるというわけなのです。

 

チャージバックは、クレジットカード会員に対するアフターケアとしてとても重要なものです。ただし日本のクレジットカード会社においては、会員規約などにチャージバックに関する条項を取り上げているケースが少なく、クレジットカード利用に伴うトラブルが増加傾向にある中、カード会員教育という面においては更なる取り組みが必要となりそうです。
インターネットが急速に普及し、ネット上で買い物をすることもごく普通のこととなりつつあります。インターネット取引においては、クレジットカードが決済手段として用いられることが多いものですが、最近ではインターネット上でのクレジットカード利用にまつわるトラブルが急増しています。クレジットカードはとても便利なものですが、面倒なトラブルに巻き込まれないためには、日頃からチャージバック制度などについての理解を深め、いざという時にあわてず適切な対応をとることができるように備えておきたいものです。

 

 

 

 

 

 

クレジットカードのスピード発行

 

 

急にクレジットカードが必要になるということもあります。決済がクレジットカードでしかできないと言われたり、突然海外出張を命じられたりして慌てた経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?まずほとんどがそうであると言って良いほど、多くのクレジットカードの場合には、入会の申し込みをしてから実際のクレジットカードが手元に届くまで、短くても10日から2週間程度の時間がかかることになります。うっかりして申込書に必要事項を書き忘れてしまったり、書き方に不備があったりした場合には、より長い時間がクレジットカードの発行にかかってしまうことになります。

 

特に急いでいない場合にはそれほど問題はなくても、今すぐにでもクレジットカードが欲しいという人にとっては、これは不便なものです。そのような時に役立つのが、クレジットカードのスピード発行です。クレジットカードのスピード発行とは、文字通り通常よりも短期間でクレジットカードを発行してくれるサービスのことです。とにかく時間がないという人には、とてもありがたいサービスであるということができるでしょう。

 

街中の受付カウンターで即日発行サービスを行なっているクレジットカードがあれば、早ければその日のうちにもクレジットカードを手にすることが可能となります。インターネット経由で申し込みをした場合でも、カード会社によっては翌日にはカードが届けられる場合もあります。自分の都合の良い方法で、上手に活用してみると良いでしょう。

 

ただし、クレジットカードのスピード発行に関しては、気をつけておきたい点もあります。スピード発行サービスを利用する場合には、通常発行のクレジットカードと比べると、審査がやや厳しく、カードの利用限度額が低く抑えられる傾向にあるようです。スピード発行サービスを利用する場合は、そのような点を理解した上で申し込みをするようにしましょう。

 

フレックス型リボ払い専用カードの「シティクリアカード」は、最短10分のインターネット自動審査により、最短で翌日にはクレジットカードが手元に届くスピード発行サービスを行なっています。発行元はシティカードジャパン株式会社で、年会費は永久無料、しかも海外及び国内旅行障害保険やショッピング保険も付帯しているお得で便利なカードです。

 

またJCBのサービスデスクでは、最短で60分というクレジットカード来店スピード発行サービスを実施しています。